« コーンの偉大な存在価値 | トップページ | 世界がもし100人の村だったら 5 »

2007.07.12

おすそ分け

Otto 息子オットットを食べていた。

しばらくすると、なにやら含み笑いをしながら息子

「トット、ひとつあげるよ!」

「ありがとう」 と言って食べると

「ウヒー食べちゃった?」

「うん、何かしてあったの?」

「足の裏にこすりつけたんだ!」 だとさ。

いたずらっこだなぁ。

でも、お前の足の裏ごとき、トットは何ともないぜ!

赤ちゃんの時の、おまえの食べカス

何度食べた事か、慣れっこ慣れっこ!

それがと言うものだよ。

|

« コーンの偉大な存在価値 | トップページ | 世界がもし100人の村だったら 5 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おすそ分け:

« コーンの偉大な存在価値 | トップページ | 世界がもし100人の村だったら 5 »