« 歯磨き20分 | トップページ | 鶴間公園へ »

2006.04.18

補助輪取った

息子は幼稚園の間、補助輪付き自転車に乗っていた。
周りの友達は幼稚園時代に補助輪が取れていたんだけど・・・。
まあね、よそはよそ、うちはうち。

4月8日、息子が「補助なしの練習したぁい!」と言うので
「いいよ!やろうかぁ!」 って事で、早速補助輪をはずして練習開始。

「まずはバランスをとる練習ね。自転車にまたがって、
足で地面を蹴りながら 前に進んでみな」

これがバランス感覚を養うって、以前テレビでやってたよ。
マンションの中庭をグルグルと何周もペダルを漕がないで周る息子

始めはうまく進めなくて倒れまくっていた息子も、
4周目位から倒れなくなって、6周目にはリズミカルに
地面を足で蹴って進めるようになった!

「それじゃあ、次はトットが後ろから支えてるから、
ペダルを漕いでみな」

と言う事で、後ろから支えながら押してあげると・・・。
オヤッ、案外とバランス取れてるじゃん。

3回程やった後 「今度はスピードついたら手を放してみるよ」
後ろから 息子の背中辺りを支えながら押して行って、
勢いがついた所で手を放すと、あらら倒れないで進んで行けたよ。

スゴいじゃん!やるじゃん!

いやいやしかし、
自分で漕ぎだして、ブレーキをかけて止まれるようになってこそ、
自転車が乗れるようになったと言えるもの。

「スゴいじゃん!次は自分で漕ぎだしてみようよ。
 右足をペダルに乗せて、グイッと踏んで前に進んだら
 今度はすぐに左足をペダルに乗せて漕ぐんだよ。 やってみな」


数回うまく行かなくて転んで痛い目に遭った息子は、ちょっとベソかきだした。
「大丈夫だよ。あとすぐで乗れるようになるよ。
 もう1回やってみよう。
  さあ右足漕いで!左足乗せる!すぐ漕ぐ!」

するとふらつきながらもなんとか倒れずに進みだしたよ!

「やったー!乗れたじゃん!すごいよ!上手だよ!
そしたら次はブレーキかけて止まる!」

息子は神妙な面持ちでブレーキをかけると
なんとか転ばずに止まれた。

「トット乗れたよ!」 と、やっと笑顔に。

ここまで約1時間位。
まさか今日乗れるようになるとは、思ってもいなかったよ。
良かったね、本当に良かったね!

その後は、漕ぎ出す練習、ブレーキかける練習をみっちりとやってるうちに、
もうほとんど乗りこなせるようになっちゃったよ。

意気揚々と走り回りながら息子は

「この日をどれほど待ったことか」 だってさ。

そうだね、またひとつお兄さんになったね、さすが小学1年生。

|

« 歯磨き20分 | トップページ | 鶴間公園へ »

コメント

自転車☆記念日おめでとうーーー(^^)/

や・れ・ば 出来るのに「ヤル気を出させる」のが一苦労なのよねー★

この試練を乗り越えると、親子の絆もぐっと深まる感じ(bobさん家はすでに絆強そう☆か)ですよね↑

投稿: ちあ | 2006.04.18 11:54

ちあさん、ありがとうございます!!
いやー、久しぶりの記念日ですよぉ。
息子には自信持って物事をやって欲しいから、
こういうのが良い経験ですよね。

ちあさんちのピカピカ一年生は、体調良くなりましたか?

投稿: bob | 2006.04.18 22:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 補助輪取った:

« 歯磨き20分 | トップページ | 鶴間公園へ »